売掛金の回収で完了|給与計算はアウトソーシングが便利|企業経営を効率化
男性と女性

給与計算はアウトソーシングが便利|企業経営を効率化

売掛金の回収で完了

オフィス

管理はリアルタイムで行う

売掛金の債権管理は、与信管理のみならず受注、出荷にともなう売上計上業務、債券残高管理、そして値引き、割り戻し管理などを行う事です。一般的に企業間の決済は現金で行われることは少なく売掛金をもって処理します。これは商品を先に入手し、代金をのちに支払う方法です。そのため販売業務を終了しても売掛金の回収が完了しないと取引が完了したとは言えないのです。今、売掛金がどの程度あり期限通りに売掛金が回収できているかを確認することが重要な仕事になります。大企業であれば、その数も膨大になります。エクセルや帳簿で管理しきれない量であることから債権管理はシステムを用いて行われることが多くなっています。期限通りに入金されたかも同時に管理できるのです。

システム化で合理的に

債権管理は期日に入金されている事を確認して初めて完了となります。そのため入金ウォッチは日々の仕事になります。データに取引先と入金額を入力するだけで、その債権管理はシステムが自動で行ってくれます。支社などが分かれており複数の口座を所持している場合にも的確に対応することができるところがポイントになっています。クラウドなどを利用するとデータサーバーの設置や保守管理のコストも削減することができますので、さらにメリットは高くなっているのです。もう一つのメリットは営業マンがすぐに確認できることです。入金状況はリアルタイムで把握することができるため、入金額の不足や未入金状況をいち早くキャッチし対応することが可能になるのです。