過労死を未然に防止|給与計算はアウトソーシングが便利|企業経営を効率化
男性と女性

給与計算はアウトソーシングが便利|企業経営を効率化

過労死を未然に防止

男女

会社と労働者の理解

ストレスチェックは従業員50名以上を抱える企業すべてに義務付けられている施策となります。ストレスチェックの狙いは労働者に自分の健康とストレスについて理解してもらう事と、企業内のメンタルヘルスに関する理解度を高めることがあります。義務付けられることで、社員のストレス状況がここに把握することになり、企業体質や業務内容などを改善する一つのきっかけになることを期待しています。しかし課題もあります。ストレスチェックの結果は会社に公表されません。健康診断と異なりあくまでも個々人にしか結果を知らされることがないのです。産業医との面談に関しても個々の判断によります。そのため果たしてストレスチェックが、過労死などを本当に未然に防止できるのか疑問なのです。

改善の余地がある

更に57問の設問がストレスチェックにはありますが、すべての人が正確に回答するかが疑問になります。仕事などに影響することを考慮して医師の面談やストレス内容を隠すことも想定されているのです。正しい回答をしないと当然結果は正しく反映されず、施策の意味もなくなってしまうのです。そのためストレスチェック制度はまだまだ改善の余地がある施策となっています。労働者側の意識も必要になります。必要性を感じない、専門スタッフに相談できない、出世に影響が出るなどの要因を持ってストレスチェックを前向きにとらえない人も数多くいるのです。まずは会社と労働者、ともにストレスチェック制度について理解を深め前向きにとらえる必要があるのです。