婦人

給与計算はアウトソーシングが便利|企業経営を効率化

定型業務外注のメリット

電卓

定型業務の代表格

企業の収益性に問題があると診断された場合、改善のためにまず着手されるのは余分なコストの削減です。企業経営を合理化していく上での最も効果が高い経費削減の対象として、多くの企業が人件費にメスを入れています。あらゆる経費の中でも人件費は特に大きい割合を占めているため、人員コストを削減することで得られる効果も大きいのです。人的コストを削減する上で手がつけやすいのは、いわゆる定型業務と呼ばれる分野に携わる人員です。技術開発や経営の根幹に関わる業務を合理化するのは困難ですが、定型業務はアウトソーシングなどを通じた合理化も難しくありません。中でも給与計算に関わる業務は最も代表的な定型業務として挙げられ、社員が多い企業ほど多大な人的コストを要します。通常は専用ソフトを導入し経理部や人事部の担当者が給与計算に当たっていますが、この業務を外部委託することで大幅な人件費削減が実現されるのです。実際に多くの企業が給与計算を代行サービスにアウトソーシングしており、その効果は社員の多い企業ほど大きくなります。給与計算システムの導入で業務負担はある程度軽減されますが、人の手が必要な部分も決して小さくはありません。

社会保険制度改正にも対応

給与に関する社員からの問い合わせも、アウトソーシングの利用によって電話オペレーターやWebからの質問受付といった形に集約することが可能です。人事部や経理担当者がこうした窓口業務を行う場合にはさまざまな不備も予想されますが、この部分もプロに任せることで問題解決が早くなります。同様のメリットは労働基準法や社会保険制度の改正に伴う給与計算システムの変更にも当てはまります。過重労働による労働災害の問題が大きく取り上げられ、監視の目が厳しくなるのを受けて、給与計算システムの変更といった形でしわ寄せが及ぶ可能性も否定できません。パートタイム従業員への社会保険適用拡大の動きも広がっており、給与計算は今後ますます煩雑の度を深めると予測されます。年々厳しさを増している給与計算の部分をアウトソーシングすることにより、企業の持つ人的資産をより戦略的方向へとシフトしていくことが可能となります。信頼できる給与計算代行サービスを上手に活用していけば、定型業務に従事する社員を雇用・育成する必要もありません。給与計算のような定型業務をプロに外部委託した企業は、制度改正に伴う混乱を回避して経営戦略に専念しているのです。

過労死を未然に防止

男女

ストレスチェックの目的は、会社のメンタルヘルスケアを重要視するとともに、労働者自身がストレスについて前向きにとらえることが期待されています。しかし初年度は否定的な意見が多く、まだまだ改善の余地がある施策となっています。

もっと読む

独自開発の商品を守る

社内

企業において継続して利益を上げていくためには、独自開発した技術や知識が守られる必要がある。それらを守るものとして、特許がある。特許は特許申請する必要があるが、その申請には知識や経験が必要である為、支援業者の活用が良い。

もっと読む

売掛金の回収で完了

オフィス

債権管理は商品販売で完了するものではなく発生した売掛金の回収まで行って初めて完了となります。そのためエクセルや帳簿で売掛金管理を行う事が一般的です。しかし膨大な量になりリアルタイム管理が必要になるためシステム化が合理的になります。

もっと読む